随笔-60  评论-117  文章-0  trackbacks-0
 

花火の命のように、何でも、終わり時がある。引越しをきっかけに、私のわがままの時代と別れる。決定の由は、人間に戻りたい。一人の生活が明け、親友と一緒に新しい暮らしを始めよう。

小さいときから、周りの人の笑顔は私の幸せだ。いつも、いつもほかのために、頑張っていた私、いつも自分の傷は自分で癒さなければならない。休みを決めた以来、何時か孤独な私、魂になった。

それは最後、「さよなら。」新しいプランを出す:

チンと幸せに生きてく。

posted on 2008-02-29 08:53 静儿 阅读(126) 评论(0)  编辑  收藏 所属分类: 言葉遠く

只有注册用户登录后才能发表评论。


网站导航: